目の下にクマがあると、老けて見られたり、疲れて見られてしまうことがありませんか。しっかり寝ているのにクマができる、コンシーラーで隠せない、そんな方もいるのではないでしょうか。
クマといってもいくつか種類があり、その原因や改善方法は違います。そのため、しっかり眠っても目元のクマが改善しないことがあるのです。
クマには3種類あります。それぞれの原因と改善方法を紹介します。

茶クマの原因と改善方法

茶クマの原因は色素沈着です。
紫外線の影響、目元のこすりすぎなどは目の周りに刺激を与え、その刺激から皮膚を守るためにメラニンが生成されます。同じ部位に何度も刺激が繰り返し与えられることで、色素沈着ができやすくなります。

茶クマは美白化粧品でケアをします。
美白成分には2種類あります。一つはメラニンの生成を抑制する働きと、出来てしまった色素沈着を薄くする働きの2つをもつものです。もう一つはメラニンの生成を抑制するものです。
すでにできている茶クマは、出来てしまった色素沈着を薄くする働きを持つ美白成分でケアをします。
そのような成分には、ビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは刺激が強い成分で、目元はデリケートなので使用には注意をしてください。

青クマの原因と改善方法

青クマの原因は血行不良です。
目元の皮膚は薄く、皮膚を通してその下を流れている血管が透けて見えることがあります。冷え、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどは血液の流れが滞る原因で、滞った血液が皮膚を通して青く見えることが、青クマの原因です。

青クマの改善方法は血流をよくすることです。ホットタオルを目元に当てることで血流がよくなります。
タオルを水で湿らせて、500Wの電子レンジで1分から1分半加熱をしてホットタオルを作ります。熱いタオルを目元に当てるとやけどや乾燥の原因になるので、少し冷ましてから目元に当ててください。

黒クマの原因と改善方法

黒クマは目の下に影ができることが原因です。黒クマはコンシーラーでも隠せないことが特徴です。
生まれつきや無理なダイエットで目の下の脂肪が少ないことや、加齢によって眼科脂肪を支えている筋肉が衰え、眼窩脂肪が突出することで目の下に影ができます。

無理なダイエットは黒クマの原因となるので、バランスがよい食事を摂ることが大切です。
美容液やパックでケアをして、目元をふっくらさせることもクマの予防につながります。コラーゲンやヒアルロン酸など保湿力がある化粧品でケアをしましょう。

皮膚科でも治療を行っています。
目の下の脂肪が少ない場合は、ヒアルロン酸や脂肪を注射して目元をふっくらとさせます。
眼科脂肪が突出している場合は、脂肪を除去したり脂肪を移動させて、改善を目指します。