乾燥

目の周りにできる細かくて浅いちりめんじわは、角質層の乾燥が主な原因です。化粧水などで保湿をしっかりすることで、かなり目立たなくなります。併せて、目元の血行促進も行うこと、真皮性の深いシワになることを防ぎます。

眼精疲労

パソコンやスマホを画面を見ている時は、瞬きをしないでいる状態が続きます。そうなると、目の血流が滞り目の周りの筋肉も硬くなってしまいます。更に、眼精疲労からくる肩凝りも血流を悪化させ、皮膚に必要な栄養を届きにくくします。栄養が不足すると、皮膚の層が未成熟で形成されちりめんじわができやすくなります。蒸しタオルを目に当てると、血行が改善されて目の疲れが取れ、シワ予防に繋がります。

脂肪の弛み

目の下には、眼窩脂肪という脂肪があります。目元の皮膚や脂肪を支える組織が加齢と共に伸びてくると、眼窩脂肪が重力に引っ張られて下瞼の方に降りてきてしまいます。更に、目元の脂肪が加齢により痩せてくることによって、眼窩脂肪がより下がってきます。そうなると、弛みからシワがよりやすくなりちりめんじわもできやすくなります。ヒアルロン酸を注入する方法だと

眼輪筋

目の下にある眼輪筋は、加齢により硬くなってきます。そうなると、眼輪筋はむくみポコっとなって見えます。ポコっとした箇所の周りに凹凸ができて、次第にくっきりとしたシワになります。眼輪筋は、エクササイズすることで鍛えることが可能です。

真皮

目の下の皮膚は、薄い上に加齢と共に真皮を構成する肌の張り・潤いに欠かせないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の量も減少してくるため、表皮にちりめんじわができやすくなります。

筋肉の衰え

顔の筋肉は、皮膚に着いています。そのため、顔の筋肉が弛んでくると皮膚も一緒に弛みます。弛んだ箇所を放置していると、弛みが原因でシワができます。特に、頬が弛むと目の下の弛みが強調されてきます。

毎日のお手入れが大切

目の下は、年齢が出やすいので目元専用のアイクリームを使ってたっぷり保湿してあげましょう。それから、皮膚の健康を維持するために必要なたんぱく質、ビタミンB群、ビタミンCなどを摂取して、体の内側からもケアすることが重要です。