ヒアロディープパッチは、週に1回「貼って寝る」だけで目周りの小じわを解消する画期的な化粧品です。特に肌が乾燥しがちな方に有効で、ヒアルロン酸の微小な針が肌の角質層へと届き、肌の潤いを保つ効果があります。

■ヒアルロン酸の針で目尻に潤いを保つ効果が!

目尻付近のシワを目立たなくする方法としては、ヒアルロン酸を配合したクリームによるケアが一般的になっています。ヒアロディープパッチは従来のクリームと違い、”マイクロニードル”と呼ばれる技術を導入しています。マイクロニードル技術とは、長さ200マイクロメートルのごく微細な針を使用してヒアルロン酸を肌の深部へと浸透させるものです。

クリームを肌の表層に塗布するだけでは、ヒアルロン酸の分子が奥まで届き難いケースもあります。乾燥肌からくる小じわを解消するためには、肌の深部=角質層に有効成分を浸透させる必要があります。ヒアロディープパッチの表面にはたくさんのマイクロニードルが並んでいて、眠っている間にヒアルロン酸を確実に浸透させる事ができるのが大きな特長です。ヒアロディープパッチを目元に張ると少しチクチクした感じがありますが、ヒアルロン酸でできたニードルは先端から溶けて浸透していくので、刺激はすぐに治まります。

■ヒアロディープパッチが有効なシワのタイプとは?

ヒアルロン酸はもともと人体に備わっている成分で、僅かな量でも高い保水力を持っています。しかし年齢とともにヒアルロン酸は減少し、乾燥によって肌にシワができやすくなっていきます。保水力の高いヒアルロン酸を効果的に補うことで、目周りの小さなシワは解消できるし、目立つシワの元となる肌の乾燥を防ぎます。

顔にできるシワは乾燥によってできるタイプのほか、老化によって張りを失うことや、表情筋の形に沿って発生するタイプもあります。目周りに貼るタイプのヒアロディープパッチは、このうち乾燥が原因となるシワに特に有効です。顔の皮膚は人体のうちでも薄いためデリケートで乾燥の影響も受けやすくなっています。顔のスキンケアのポイントは清潔な洗浄プラス保湿です。肌荒れを防ぐためにも、化粧水や美容クリームによるスキンケアで効果的な保湿を心がけるのが基本となります。ヒアロディープパッチは、就寝前のスキンケアを終えてから最後に貼るだけで手軽に使えます。ひと晩かけて目周りにヒアルロン酸を浸透させることで高い保水力を維持し、小じわの解消・予防に役立ちます。