今や誰もが耳にしたことのある美容成分、ヒアルロン酸。特にしわに効果的で、肌を若かりしあの頃に蘇らせてくれることで幅広く知られていますよね。

でも、どうしてヒアルロン酸が良いのでしょうか?

有名になるには理由があります。ヒアルロン酸の持つ効果について詳しく見ていきましょう。

そもそもヒアルロン酸とは

実は元々、人は身体の内側に保有しており、ムコ多糖類という成分の一種です。その保水力は目を見張るものがあり、ヒアルロン酸1グラムでなんと6リットルもの水を保持できます。

そんな優れた成分ですが、残念なことに年齢を重ねる毎にガクンと減っていくのです。赤ちゃん~20代までは多く保有しているため肌にハリとツヤがあり、しわは見受けられません。しかし30代から急に少なくなり、40代になるとピークの半分に。60代だと4分の1にまで減少してしまいます。よって肌はたるみ、深いしわが増えていってしまうのです。

とても優秀な成分なので、できうる限りヒアルロン酸をたくさん身体に留めておきたいですよね。しかし、どうしても年齢には勝てない部分が出てきます。そんな時にどうすれば良いのでしょう。

化粧品などに取り入れ、肌に塗る方法

今やたくさんのヒアルロン酸配合のコスメが商品として販売されています。化粧水から美容クリーム、乳液や美容液までたくさんのケア商品を選択できます。
ですが、ただ塗るだけでは肌の真皮までは届きません。分子の大きいヒアルロン酸は肌の一番上の部分の角質層でストップしてしまいます。なので、深いしわには残念ながらあまり効果はありません。

ただ、たくさんの化粧品にヒアルロン酸を配合する意味はきちんとあります。上記の通り、ずば抜けた保水力で肌の乾燥を防ぎ、しわやたるみの予防、乾燥からくる小じわの改善に効果的です。決して軽んじず、普段から使っておきたい成分なのです。

注射でヒアルロン酸を直接届ける方法

分子の大きいヒアルロン酸を真皮まで届けるには、一番効果的なのが注射です。しかしヒアルロン酸注射にはトラブルも発生していて、怖い、危ないとよく耳にします。ヒアルロン酸自体は安全性が高いと言われ、元々体内に保有しているのでアレルギー反応の不安も少ないです。

ところが、注射という手段は人の手を要します。医師の施術の腕が未熟な場合、仕上がりがでこぼこしたり、血の流れを止めて皮膚を壊死させてしまったりします。しわをなくし、肌を若返らせてくれるヒアルロン酸。無駄にしないためにもサロンや病院はしっかりと選びましょう。

あなたの肌のためのヒアルロン酸

優秀で、確実に効果のあるヒアルロン酸。様々な摂取方法はありますが、個々人に合ったものが必ずあります。

面倒臭がらず探していけば、きっとしわは改善します。今を嘆かず一歩踏み出していきましょう。